2004年09月23日

目眩

霊感があるとかないとか、それがどういうことなのかよくわかりません。
長い間、自分に霊感があるとは思いませんでした。
だから「ここには霊がいる」とか言う人の話を聞いてもピンと来ませんでした。

高校生の頃、祖母が亡くなりました。
そのお通夜やお葬式の席で、不思議な感覚を覚えました。
立ってても座ってても、ずっと立ちくらみのような、軽いめまいのようなものを感じたのです。

おかしいなと思って手足を動かして意識をはっきり覚醒させてみても、またすぐにめまいを感じるのです。
熱を出したときのめまいのように、不快な感じではありませんでした。

そしてその感覚は、お骨をお墓に納めたあとでいつの間にか消えていました。
でも命日のお墓参りに行くと、必ずあのめまいの感覚を体験しました。
これが霊感というものなのでしょうか。

墓地に行くと感じることが多いので、もしかしたらただの自己暗示かも知れません。
ただ、ときどき全く違う場所で感じることがあります。

ある日曜日に道を歩いているとき、強烈なあの感覚に襲われてしゃがみ込んでしまったことがあります。
目の前の路上には真新しい花束と小さな車のおもちゃが置いてありました。
次の日曜にそこを通ったときも同じめまいに襲われました。
2ヶ月くらいあとでそこを通ったときは、何事もありませんでした。

初めてあの感覚を覚えてから数年経ちました。
程度の差はありますが、めまいの感覚に襲われるのはよくあります。
場所ではなく、特定の人のそばで感じることもあります。

posted by 黒鳥 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 011〜020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。