2004年12月01日

遅れてきたメール

学生時代につるんでた仲間の一人が、就職後に連絡が取れなくなった。
音信不通になったのは自分だけでなく、他の友人もみな彼と連絡が途絶えていた。

携帯にメールしても返信はない。
電話をかけても出ない。
折り返しもかかってこない。
みなそんな感じだったらしい。

いろいろ忙しいんだろう。
そう思ってあきらめて、数カ月経った頃。
携帯に彼からメールが届いた。

引っ越して荷物がまだ片づいてないと言うような話。
何か変だ。と思ってよくよく見たら、メールの日付が4月だった。
就職したばかりの頃の日付。
配信が遅れたんだろうか。
それにしても、こんなに遅れたのなんて初めてだ。

それから続けざまに、彼からメールが来た。
みんな古い日付で、内容もちぐはぐだった。
「返信ないけど、忙しいのか?」と言うような内容もあった。
こちらが出したメールへの返信のような内容のこともあったが、出した内容を覚えてないのでやはりちぐはぐだった。

どんどんメールの日付は新しく、近づいてきた。
そして、メールの内容はどんどん怪しくなってきた。
就職先で人間関係がうまく行かず、学生の頃の友人とも連絡が取れない。
こうしてメールしても、誰も返事がない。
なんだか孤独だ、と。

完全に返信を期待していないような彼のメールは、すっかり独り言口調で書かれていた。
詳しいことは分からないが、ちょっと鬱な思考パターンに陥っていくように見えた。

彼のメールは異常さを増し、見知らぬ子供を殴ったとか猫を殺したとか、犯罪まで始めた様子が書かれていた。
これは冗談だろう?と思ったが、その後の気分や新聞の記事についてとか克明に書いてあった。

そしてついに、人を殺してみたいという内容にまで進んできた。
それが、つい3週間前の日付だった。
会社の人間を相手にすると、自分が警察に疑われやすい。
それなら、同じくらい自分を傷つけた、友人達から選ぼう。
住んでるところも離れたし、更新が途絶えてるし、疑われないだろう。

その後、一人ずつ名前を挙げて、実行できる可能性を吟味したメールが続いた。
自分の名前もあった。
「・・・殺害成功度80%
彼の結論はそんな風になっていた。
そして、来週末に決行すると書いてあった。
それが2週間前の日付だった。

彼のメールはまだ続いていた。
計画が失敗に終わったこと。
もう運にも見放されて絶望だと。

一週間前に、彼は自分を殺しに来たのだろうか。
ちょうど自分は地方へ出張で出かけていた。
不在のところに彼が訪ねてきたのだろうか。
いつも通り家にいたらどうなっていたのだろうか。

メールは、彼が自殺するという内容で終わっていた。
それが実行されたかどうかは分からない。
実行されていなかったとしたら、彼にまた殺害を計画される日が来るのかも知れない。
posted by 黒鳥 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 021〜030 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1162447

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。